精力剤として効果的なドリンク剤はユンケルか?コンビニはコスパが悪い?

精力剤としては、錠剤であるものドリンク剤であるものがありますが、急場で手に入れ易く即効性が高いのが精力剤としてのドリンク剤です。

よく目にするドリンク剤としては、TVコマーシャルでもお馴染みの「ユンケル」があります。実に種類は全21種類にも及びます。次に薬局などで目にするのが、宝仙堂の「凄汁」、「極濃マカ皇帝倫液」、「そりすぎマッチョ」や「勃鬼」などがあります。

「凄汁」、「そりすぎマッチョ」、「勃鬼」は飲みやすくするためにシロップが配合されており、飲みやすさがある反面、精力剤に必要な成分が薄まっているのも確かです。

一番、注目すべき点は上に挙げたドリンク剤の中で唯一、分類が医薬品であるのが「ユンケル」なのです。

医薬品と清涼飲料水の大きな違いは、医薬品の場合はハッキリと効能や効果、配分量を細かく明記しないといけないという点です。極端な話ですと、たった一滴だけの極端に少ないローヤルゼリー、や冬虫夏草を混入した場合には、医薬品としての細かい配分量を記載はできません。医薬品であるということは、効果や効能に対する自信の表れともいえます。

では、ユンケルの中で最も精力剤として効果的なのは、「ユンケルファンティ」です。値段が3000円ですが、成分として「イカリソウ」、「冬虫夏草」、「杜仲(とちゅう)」、「海馬(かいば)」などが配合されており、特に海馬はタツノオトシゴの内臓を除去して乾燥させたもので、精力剤としてもかなり有力とされています。

また、「ユンケルスター」は値段が4,000円前後と高価なのですが、さらにオナジ、ガラナがプラス配合されています。

また、「ユンケル皇帝ロイヤル」はイカリソウや海馬も配合されており、コンビニでもよく陳列されていることも多く、手に入れやすく値段も2,000円前後であることから、コスパも高いドリンク剤です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です